ふんわり温かい家に家族で宿泊体感!吉川不動産モデルハウス

家族が増えて現在の賃貸が手狭になりました。そこで、マイホームを検討しようと、休日はいろんなモデルハウスを見に出かけています。

が……モデルハウスや展示場を回ると、子どもがすぐ飽きてしまい、集中して見ることができません。

住みたい家のイメージもふんわりしていて、どう決めたらいいのか悩んでいました。でもせっかく家を考えるなら、家族で楽しく暮らすことのできる家を建てたい。

そんな時に、

「泊まってみたら?」

と教えてもらったのが、吉川不動産のモデルハウス宿泊体験でした。

冬だからこそ体感できる「包み込む家」の宿泊体験

宿泊体験なら家に住むイメージも持ちやすいかなと思いましたが、季節は寒波到来を繰り返す冬。

でも、だからこそ、「冬でもあたたかい家」を試すことができるかも!と思いました。

丁度、紹介してもらったのが吉川不動産の超高断熱・高気密のパッシブハウス「包み込む家」。

「是非あたたかさを体験してほしい」ということで、あえて冬に宿泊することを決めました。

パッシブハウスとは、ドイツ発の世界基準で建てられた、住み心地の良さを追求した省エネルギー住宅のことだそうです。

寒い新潟で長く住むなら、寒さに強く、省エネルギーで光熱費を抑えられる家は理想的。

「本当に消費エネルギーを抑えながらあたたかく暮らせる家なのか確かめたい!」

そんな一心で、パジャマ、歯ブラシ、タオルと次の日の着替え、充電器を持って家族と宿泊に向かいました。

16時から翌日10時までモデルハウスに宿泊

16時、外は寒い風がごうごうと吹きすさんでいます。家に入ってみると……広い玄関からすでにあたたか~い!

木が中心のおうち、玄関からすでにいい感じ。吉川不動産は、無垢材の床が標準仕様なのだそう。

ぬくもりのある床はほんのりあたたかく、家族みんなすぐに裸足になりました。自宅ではありえません(特に私は分厚い靴下を常時装着)。

心配だった子どもたちは……あたたかいからか落ち着いて早々にリラックスモードになってます。

モデルハウスのように「すぐ帰ろう」と言われなくて一安心。

さらに、入って1時間後には夫婦で眠たくなっていました!笑

今日の寝床になるリビング隣の和室には家族分のお布団が。赤ちゃんもいるのでお布団がありがたかったです。

赤ちゃんと和室にごろんと転がりながら、木の家の心地よさを感じる時間は至福の時でした。

壁や照明の明るさのおかげか、みんなまったりリラックスモードに。

展示場巡りでたくさん家を見てきましたが、こんな風に自分たち家族が暮らしていくイメージを持てたのは初めてです。

宿泊体験の入室時間は16時で、退室は翌日10時頃でした。子どもたちが園から帰ってくる時間帯と、朝起きて出かけるまでがイメージできる丁度いい時間です。

自然光の入り方も時間によって違い、部屋の印象が変わります。

障子を閉じると雰囲気も変わり、落ち着いた空間になるのも印象的でした。

宿泊体験では、リビングから繋がるキッチンにお弁当と明日の朝食パンとバナナが用意されています。ドリンクもドリップコーヒーのほかに、冷蔵庫に牛乳、ジュース、お茶もありました。

徒歩約1分のところにコンビニもあるので、欲しいものもすぐ調達可能です。

家に慣れてきたら探検が始まります。

子どもたちはワクワクしながら二階へ。すぐにかくれんぼが始まりました。

二階には、吉川不動産の手掛ける家の構造や省エネルギーの効果を知ることができる資料などがありました。他にも、ベッドルームや、小部屋も。

トイレもあり「家族が多いと2つあると便利だね」と、夫とマイホーム願望が強まります。

二階もあたたかくて過ごしやすい。というかあついくらいで、到着してしばらくすると暖房を切りました。

各設備を試せることでより具体的なイメージが広がる

リビングに和室、大きな窓、ウッドデッキ。夫婦で「あるといいよね」「夢だよね」と話していた理想のリビングにはテンションがあがりました。

トイレはオシャレな雰囲気で落ち着ける空間。壁の色が違うと一気にイメージが変わります。

そして、家より広いお風呂に子どもたちは興奮!

「雪だるまみたいなお風呂だね」と普段より長風呂を楽しんでいました(シャンプーコンディショナーボディーソープは備え付けあり、タオルや化粧水のみ持参です)。

夫が切望していた足を伸ばせるお風呂に、実際私も入ってみてその重要性を感じました。

洗面脱衣所もあたたかで、これなら「早く服を着て!」と怒ることもなくなりそう。

お風呂の後は各々の希望のものを飲みながらテレビの前で団らん。

まるで自宅のようなくつろぎっぷりです。

ご用意いただいたお弁当をワイワイ食べて、広い床で、持ち込んだすごろくをやりました。

普段はみんなソファや暖房器具の前にいるのですが、直接座ってもあたたかで、床で遊ぶのに全く抵抗がありません。

というか…夜になるにつれ、部屋はよりあたたかくなりました。これにはビックリ!

暖房を18度に設定しても娘がパジャマを脱ぎだしたので、一階の暖房もスイッチオフに。

そして、そのまま朝までつけることなく過ごしました(和室の足元暖房のみ)。

自宅ではパジャマの上にベストを着せることや、髪を乾かすことに奔走しているのが嘘の様です。

こんな家に住んだら、怒る回数も減るのになぁ……!

横に広い洗面台も、親子並んで歯磨きができる、朝も揉めないですむなど、使ってみたからこそ「あ、これいいね」を実感できたのは大収穫です。

オシャレだけど使い勝手はどうなの?と思っていた水回りを試すことができたのも宿泊体験ならではでした。

夫と「これなら掃除がしやすいね」とか、「こんな棚があると便利だね」とか、設備関係の会話も弾みます。

包み込む家は本当に朝まであったかかった

夜は暖房を止めて(和室の足元暖房のみ)就寝しましたが、朝まであったか。

朝でも外は4℃と冷え込んでいましたが、朝退室するまで暖房はきったままでも適温でした。

朝が苦手な息子が1番に起きたのも驚きです!毎朝こんな風だと理想だなぁ。

赤ちゃんもここに来て普段よりハイハイで動き回っていました!

「ここに引越してきたい」という子どもたちに、お泊り専用の家だよというと、「お母さん、また何回も来ようね!」と力いっぱい言われました。

いつも夫婦の視点で家を見て回っていましたが、今回の宿泊で子どもも喜ぶ家のイメージが沸きました。

宿泊体験では、「やっぱりこの設備は欲しいよね」「こんな広さだと使い勝手がいいよね」など使ってみたことで毎日の生活をどう変えたいか家族と話せたのも良かったです。

家づくりのビジョンも具体的になりそう!

冬でもあたたかい家に住みたい方、木のぬくもりを感じる家を体感したいかたはぜひ吉川不動産の「包み込む家」で宿泊体験をしてみてください。

モデルハウスMODEL HOUSE

資料請求

パンフレットを無料でお届けいたします。

YOSHIKAWA STYLEが大切にしていることや、パッシブデザインの家づくりがわかるパンフレットです。
また家づくりを始めたばかりの方、家づくりのアイデアが欲しい方、YOSHIKAWA STYLEの家づくりに興味をお持ちの方は、ぜひ資料をご請求ください。

資料を請求する

お電話でのお問い合わせ

025-231-3438

受付時間:9時~18時
(定休日:日曜日・祝日・第二土曜日・最終週の月曜日)