大雨でトイレがゴボゴボ

2020年07月31日

先週の大雨で、2件の相談がありました。
トイレがゴボゴボ言い出して、水が吹き上げたという件です。
下水の逆流によるものです。

ゲリラ豪雨、短時間に急激な雨が降っているとき、降りやんだ直後の場合、トイレの水が流れにくくなったり、トイレから「ゴボゴボ」といった音がすることがあります。

 

これは道路内の下水道管が満管になることで、家庭内の汚水が排出できなくなり、宅地内排水管内に残った空気が圧縮されて、圧力が抜けやすいトイレなどから空気が逃げようとするためです。
雨の降り方にもよりますが、場合によってはトイレから水が噴き出すこともあります。

 

そんな時に、ビニール袋に水を入れた「水のう」を置くと、逆流を抑える効果がるということで、実際にM様はそれで対策されたとのこと。

 

 

水のう

 

ゴミ袋などの大きめ(45リットル程度)のビニール袋を二重、三重に重ね、半分(20リットル程度)ぐらい水を入れ、口をきつく縛る。
(北九州市の上下水道局より拝借いたしました)

今日も豪雨です。
応急処置でも方法を知っておくと良いかなと思い、掲載しました。
皆さまのおうちが何もなく無事でありますように。

 

minamizawa

 

 

資料請求やご相談など
お気軽にお問い合わせください