パッシブタウン 見学してきました

2018年09月14日

一昨日、富山県黒部にあるパッシブタウンを見学してきました。見学させていただいたのは集合住宅ですが、環境や自然をありのまま受け入れ活用する「パッシブデザイン」。私たちがお手伝いする住宅の設計手法で、大変勉強になりました。小玉祐一郎氏による第一街区、槇文彦氏による(第二街区)、森みわ氏による(第三街区)。

「地域の気候風土の特徴を生かす設計により、大幅な省エネルギーを達成すると同時に、親自然的な心地よさを楽しむ生活を実現する」というコンセプト通り、水・風・緑の恩恵を活かした住棟構成といます。太陽熱とバイオマス熱を利用して給湯を行ったり、居室内の暖房にも利用、また地下水を利用して居室内の涼房とするなどあらゆる面から環境や自然を受け入れるパッシブ!一般的な北陸地区の集合住宅に比べて、消費エネルギー60%削減を目標としているということでした。
1
画像 https://www.passivetown.jp/ PASSIVE TOWNサイトより (第3街区)

4
画像 https://www.passivetown.jp/ PASSIVE TOWNサイトより(第3街区)
3
画像 https://www.passivetown.jp/ PASSIVE TOWNサイトより(第1街区)
2
画像 https://www.passivetown.jp/ PASSIVE TOWNサイトより(第2街区)

 

住棟デザインは南向きの棚田状に設計され、日射条件の良くない冬場でもどの住戸も太陽の光を平等に受けられる配置です。広いテラス、木戸、風広場などアウトドアリビングなど魅力的な要素がたくさんあり、こんなところで暮らしてみたいな…と憧れるような街となっていました。

IMG_4160

名称未設定1
学んだ各部分のスナップショット。

IMG_0885

おまけ画像は、高級家具(Cassina製)ソファに座り満面の笑みを浮かべるnametaくん。休憩タイムに黄昏るmurayamaさんとnametaくん。(糸魚川)。

IMG_0886

 

4人で参加させていただきましたが、皆いろいろな刺激をうけて、帰りの道中は現在設計中のお客様の家とパッシブタウンのことで話題は持ち切り。
実務に活かしてまいります。

 

パッシブデザインを手掛ける業者として
passive

このページではパッシブデザイン認証制度(PassDeC)の事業者認証を取得した、全国の工務店や設計事務所として弊社もご紹介いただいております。
パッシブデザインのスキルと体制を持った事業者ですので、健康・快適で省エネな暮らしをご希望の際には、どうぞお気軽にお問い合わせください。

パッシブデザインフォーラムとは

 

minamizawa

 

 

 

 

資料請求やご相談など
お気軽にお問い合わせください